あるひ突然出現しているしみ!どうしたら防げるの?

なんでこんなところのしみが!?

しみ、突然できますよね。ある日気がつくと茶色く広がるあの模様。朝鏡を見た瞬間テンションががた落ちです。どうしてしみなんてものができるのでしょうか。それはお肌の自衛のためのプログラムだからなんです。お肌は紫外線の刺激を受けるとメラニン色素という細胞を紫外線から守るいわば盾のようなものを生み出します。これがあの茶色く広がるしみのもとになるのです。この茶色いのは肌の奥のほうでできるのですが、これがターンオーバーといってところてんのように下から押し出され、表皮に到達すると茶色いしみとなってしまうというわけなのです。

しみを防ぐにはどうしたらいいの・・・

しみのもとはメラニン色素です。メラニン色素は紫外線を細胞がキャッチすることで出来るのです。ということは、紫外線をキャッチしなければメラニン色素は生まれない。そう、しみを防ぐには紫外線を浴びないことが一番の近道なんです。しみをつくりたくなければ日焼け止めをこまめに塗ったり、外出するときは日傘や帽子で日差しをさえぎるなど、できるだけ紫外線をお肌に寄せ付けないような取り組みが必要です。白く輝くお肌のためにはこまめなケアが大事です。

そんなこと言っても出来ちゃった!うすくするには?

こまめに日焼け止めや日傘などでブロックできないときってあります。忙しいですものそんなにちまちま気を使ってられない時だってありますよね。出来てしまったしみをうすくするためには、ビタミンなどのお肌によい栄養素を多く含んだ食事を接種して、新陳代謝を活発にしていきます。特に重要な栄養素はビタミンCで、しみの原因、活性酸素を取り除く抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制する効果もあるんです。次に重要なのがビタミンB2です。この栄養素は代謝を高めて新陳代謝を活発にする作用があり、出来てしまったメラニンを排出しやすくしてくれます。これらの栄養素の多い食事を摂取してしみをどんどん薄くしていきましょう!

美肌を保つためのしみの対策は個人の体質や周囲の環境を考慮して行うことが大切です。特に市販の化粧品や薬剤を使う場合は含有成分を確認して、自分の体に合っているものを選ぶように心がけます。